成分

トラネキサム酸

美白効果のあるトラネキサム酸はシミの原因になるメラニン色素を生成しないように働きかけます。
紫外線がシミに大きく関係しているのは多くの人が知ってることでしょう。

メラニン色素自体は肌にとって必要な物質。
しかし紫外線のダメージを軽減しようと働くメラニン色素が過剰に分泌されてしまうと色素沈着を起こしてしまい結果、シミが発生します。

メラニン色素を増やせ!と命令を出すのがメラノサイト。
メラノサイトが活性化することでプラスミンを呼ばれるメラノサイト活性因子が発生してしまいます。

トラネキサム酸は抗プラスミン効果をもつ

プラスミン(メラノサイト活性因子)は情報伝達物質といわれ、メラノサイトからメラニン色素を作り出す大きな原因になります。

つまりプラスミンの発生を食い止めることができればシミの原因になるメラニン色素を分泌を防ぐことにつながります。
トラネキサム酸は抗プラスミン効果に非常に優れています。

プラスミンを抑制する効果が高いため、早い段階でシミの発生原因を予防できるため、美白効果が期待できるわけなんですね。

トラネキサム酸はすでにあるシミが濃くならないよう予防効果も

基本的には美白オールインワンで期待できる効果はあくまでも予防。
しかし、今すでにシミができてしまっている症状の人もトラネキサム酸を使うメリットは非常に大きいんです。

シミができてしまっている部位は紫外線が当たっていない状態であっても、メラノサイトが活発に活動してしってると考えられています。
常にメラノサイト活性因子が活動していることで少しづつ、シミが濃くなってしまいます。

トラネキサム酸による効果でできてしまっているシミの部位にも働きかけることでプラスミンを抑制。
炎症を鎮静化することによりシミが濃くなることを予防する効果にも期待ができます。