成分

美肌菌とは?美肌を取り戻すための3つの働き

皮膚にはいろんな菌が存在していることを知っている人も多いかもしれません。

いわゆる皮膚常在菌ですよね。
肌にとって必要な菌になり美肌菌は善玉菌である表皮ブドウ菌にあたります。

美肌菌は人の皮膚が健康でいられるためには必要とされる菌。

なので美肌菌が少なくなてしまっているお肌は乾燥しやすくなったり小じわができやすくなったりニキビになりやすいお肌になってしまいます。

美肌菌の3つの働き

美肌菌がしっかりと存在している皮膚にはどのようなメリットがあるのか?

グリセリンの生成を手助け

まず代表的な働きとしてはグリセリンの生成。

グリセリンは優れた保湿成分であり吸湿性が高いことが分かっています。
乾燥している角質層に潤いを回復させるだけではなく外的なダメージの軽減の役割があるバリア機能の向上サポートにもなると考えられています。

またグリンセリンは肌をやわらかくなめらかにしてくれるので美肌菌が増えるほど手触りのいいツルツル素肌へと近づけてくれます。

肌を弱酸性に保つ

人のお肌のPHは弱酸性です。
弱酸性であることで皮膚の最近や雑菌という肌トラブルになってしまう菌の殺菌作用が働いているためです。

人の肌が弱酸性である意味は肌を保護するためであるわけですね。

通常自然に酸性に傾くのですが年を取ることで免疫力の低下が起きます。
免疫力の低下=PHがアルカリ性に傾くといわれているのでお肌が弱酸性からアルカリ性に少しづつかわっています。

もし肌のPHがアルカリ性に傾いてしまっている状態だと、

紫外線をはじめとした外部のダメージ受けやすい
肌のターンオーバーが乱れる

といった簡単にいってしまえば肌荒れが起きやすい肌環境になってしまいます。
美肌菌には乳酸の酸を作り出すことで肌を弱酸性に保つ働きがあります。

弱酸性に保たれる皮膚は健康な素肌への重要な意味をもちますね。

セラミドの生成サポート

美肌菌が増えることでセラミドの生成サポートの働きにも期待ができます。
セラミドとは角質層の細胞間脂質を指し、ラメラ構造を作り出すために非常に大事な成分になります。

セラミドが正常に存在していることで肌の水分量は維持され刺激から肌を保護しきめ細やかなお肌を保ってくれます。

しかしセラミドが不足している状態・・・角質細胞の隙間に本来あるべきはずの細胞間脂質がない状態だとイメージとしてはスカスカ。

角質層の中がスカスカであればそれだけ水分も蒸発しやすくなり乾燥を悪化させますし紫外線も肌の内部にまで影響をおよぼします。

セラミドは肌が本来もつ成分であり美肌菌が存在する皮膚では問題なく生成がされます。
スポンジのような吸水性をもつ保湿成分であるためみずみずしい肌へと近づけます。

https://rustbeltbindery.com/nanoclear/