MENU

そばかす対策にナノクリアは無意味なの?

ナノクリア,そばかす

 

そばかすってシミとよく似た症状としての認識がありますよね。
ただシミとそばかすは基本的には異なる症状であると考えるようにしましょう。

 

頬や鼻を中心に小さいポツポツした斑点の症状なので目視すれば比較的分かりやすいかもしれませんね。

 

ただナノクリアは美白化粧品ではないため直接的にそばかすを防ぐことは難しいと考えるほうがいいでしょう。

 

そばかすの原因は遺伝性?

そもそもそばかすの主な原因は遺伝であると考えられています。

 

親がそばかすの症状がみられる場合は子供も同じようにそばかすが発生することも珍しくはありません。

 

ここがシミと大きな違いですよね。
そばかすはシミとは違って遺伝性による影響によるものであるということです。

 

そばかすで悩んでいる人は小さい子供の時期から斑点ができはじめる人が多いです。

 

ホルモンバランスの乱れやすい思春期や妊娠というきっかけにて色が濃くなったりより目立ちやすくなってしまうのが特徴。

 

遺伝性によるそばかすは先天性そばかすといわれています。
先天性の症状の場合であればナノクリアはもちろん通常のスキンケアでは目立たなくしたりすることは難しいと考えれます。

 

紫外線の影響によるそばかす

ナノクリア,そばかす

 

そばかすは遺伝性のものだけではなくいわゆる大人になってからできる後天性そばかすの症状もあります。

 

幼少期のように小さい時期に斑点ができたのではなく大人になってから鼻や頬を中心として斑点ができてしまった場合は後天性そばかすを疑う必要もでてきます。

 

後天性のそばかすの原因はシミと同様に紫外線や外的な刺激によるメラニン色素の過剰分泌になります。

 

そのため美白化粧品などを使用することで予防につながると考えれるでしょう。
ただナノクリアでそばかすが防げるかどうかはまた別問題。

 

オールインワンエマルジョンではありますが美白オールインワンではありません。

 

メラニン色素に働きかける成分も配合されてはいますが美白をメインとした化粧品と比べると物足りなさを感じてしまうでしょう。

 

お肌のターンオーバー促進はメラニン色素の排出をサポート

紫外線のダメージによるそばかすの場合はメラニン色素が分泌され色素沈着してしまうのが原因になります。

 

そのためいかにメラニン色素を排出できるかどうかが大事になりますよね。

 

若い年齢の人が1日中、海に遊びにいって紫外線を浴びてもシミやそばかすにならないのはしっかりと代謝機能が働いてメラニン色素が排出されているからです。

 

ナノクリアを使って肌のスキンケアを考える人の多くは肌の乾燥が気になっている、肌荒れで悩んでいることを考えるとターンオーバーの乱れが考えれます。

 

美白としての役割としては心もとないかもしれませんが、ナノクリアには肌のターンオーバーを正常にする働きには優れます。

 

また美肌菌により紫外線の影響を受けづらい肌表面を取り戻す働きがあることを考えると全く無意味ではないとも言えますよね。

 

そばかすを目立たなくしたい!と思ってナノクリアを使用すると期待はずれになってしまうかもしれませんがあくまでも予防としてとらえるといいかもしれませんね。

 

■参考記事 
ナノクリアを使ってみた口コミレビュー

このページの先頭へ