MENU

ナノクリアのラメラブースター処方とは?他の化粧品にはない特徴

ナノクリア,ラメラブースター処方

 

ナノクリアにはラメラブースター処方が取り入れられています。

 

とはいってもラメラブースター処方がどのような役割があるのかなんてあまりイメージできる人は少ないかもしれません。

 

オールインワンエマルジョンでもオールインワンジェルでももともとは違う物質や成分を混ぜ合わせ化粧品を作っています。

 

水と油が通常であれば混ざり合わないことは多くの人でもイメージができると思います。

 

本来混ざり合わないものを混じり合わせ安定させるために乳化剤いわゆる界面活性剤が使用されています。

 

ただ界面活性剤には敏感肌の人には刺激となる可能性やバリア機能の損傷といったデメリットもあることが分かっています。

 

ナノクリアは乳化剤である界面活性剤を使わない特殊な技術で製造されています。
この技術がラメラブースター処方と呼ばれています。

 

ラメラブースター処方は三相乳化技術を応用している

ナノクリア,ラメラブースター処方

 

ラメラブースター処方には神奈川大学の特許技術である三相乳化技術を応用しています。

 

三相乳化技術こど界面活性剤を使わずに乳化させることができる物理的な乳化法になっています。

 

人本来の保湿構造であるラメラ構造。
三相乳化処方を取り入れることで球体ラメラ構造となり肌の保湿構造と類似します。

 

そのためエマルジョンの肌へのなじみが抜群になります。

 

なじみがいいことはそれだけ肌への吸収性、浸透性が優れることになりますのでべたつかず潤いを保つ働きに優れる処方になります。

 

しっかりと潤いを与えるにも関わらずサラッとした仕上がりになるのは男の人にも好まれる使用感です。

 

従来のオールインワンの物足りなさを感じない

ラメラブースター処方により界面活性剤を使わずにナノクリアの美容成分をカプセル化することで肌の奥まで浸透させることが可能となっています。

 

  • ナノ化されたカプセル
  • 球体ラメラカプセル

 

の異なる2つのカプセルを組み合わせることで潤いを浸透させるだけではなく水分蒸発を防ぎ長時間角質層に水分をとどめることに成功しています。

 

肌への成分の吸着力や保湿力が従来のオールインワン化粧品と比べると非常に優れているためオールインワンといえ物足りなさを感じることなく使い続けることができるメリットがあります。

 

■参考記事 
ナノクリアを使ってみた口コミレビュー

このページの先頭へ