MENU

ナノクリアとコンシダーマル似てるけど何が違うのか比較

ナノクリア コンシダーマル 比較

 

  ナノクリア コンシダーマル
通常価格 7,000円 4,980円
定期初回 980円 2,268円
定期2回目〜 4,980円 4,082円
定期解約 4回継続の約束 3回継続の約束
保証 - 全額返金保証あり
内容量 50g 50g
テクスチャー エマルジョン ローション
特徴 ラメラブースター技術 ラメラテクノロジー
安全性 界面活性剤、合成香料、着色料、パラベン、アルコール 無香料、無著色、無鉱物油,パラベンフリー、アルコールフリー
注目成分 フラーレン、リンゴ果実培養細胞エキ、,ラ・フラーレン マリンプラセンタ、発酵プラセンタ
全成分 水、BG、エチルヘキサン酸セチル、グリセリン、シア脂、スクワラン、ペンチレングリコール、エンテロコッカスフェカリス、フラーレン、リンゴ果実培養細胞エキス、プラセンタエキス、水溶性プロテオグリカン、ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解コラーゲン、加水分解エラスチン、PCA-Na、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、グルコノバクター/ハチミツ発酵液、ダイズ種子エキス、加水分解酵母エキス、ミツロウ、ベタイン、ベヘニルアルコール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、水添ナタネ油アルコール、パルミチン酸エチルヘキシル、グリチルリチン酸2K、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ヒドロキシプロピルメチルセルロースステアロキシエーテル、カルボマー、キサンタンガム、イソマルト、PVP、水酸化Na、フェノキシエタノール 水、BG、グリセリン、シクロヘキサシロキサン、ベタイン、DPG、トレハロース、ステアリン酸グリセリル(SE)、プラセンタエキス、サッカロミセス/(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液、ヒトオリゴペプチド-1、セラミドNG、セラミドNP、スクワラン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、PCA−Na、乳酸Na、クエン酸、クエン酸Na、塩化Mg、塩化Ca、シア脂、ホホバ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、ベヘン酸、ラウロイルサルコシンイソプロピル、ステアリルアルコール、ベヘネス−30、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10−30)クロスポリマー、PPG−6デシルテトラデセス−30、メタリン酸Na、シクロペンタシロキサン、トコフェロール、ステアロイルグルタミン酸2Na、ビサボロール、ポリ-ε-リシン、マンニトール
保湿力

ナノクリア コンシダーマル 比較

ナノクリア コンシダーマル 比較

 

使い心地はどっちがいい?

ナノクリア コンシダーマル 比較

 

ナノクリアのテクスチャーは乳液のようなとろみの中に化粧水のようなサラッとした質感がある使用感。

 

コンシダーマルに関しては、ローションタイプなのでより水分量が多い感じ。
さっぱりした感じはコンシダーマルのほうが強いのかなという印象をもちます。

 

お肌の乾燥がひどい肌質の場合であればナノクリアのほうが仕上がり的には満足するかもしれませんし、さっぱりと仕上がってほしい肌質であればコンシダーマルのほうが好みかもしれません。

 

どちらでも肌トラブルはなかった

安全性の面ではどちらを使用したとしても問題はないと思います。
敏感肌のひとでもヒリヒリ感、かゆみもなく安心して使い続けることができると思います。

 

ただ三相乳化法を取り入れているナノクリアは界面活性剤を使わずに製造されています。

 

コンシダーマルには非イオン界面活性剤であるステアリン酸グリセリルを配合している点は大きな違いであると考えられるでしょう。

 

よりお肌が潤うのはどっち?

乾燥予防を目的として使用する人が多いとは思いますが、保湿力はどちらも劣っているとは感じませんでした。
もちろんそれぞれ一つしか使用しておらず何も併用する必要性はないと感じています。

 

個人的にはナノクリアは肌なじみがいいのでよりしっとり感を実感しやすいのかなとは思っています。

 

オールインワンのデメリットと言われている潤いパワーの物足りなさは心配しなくてもいいのかなと思いますが肌質によってはもちろん異なってくることはありえるでしょう。

 

コスパ的にはどちらがおすすめか?

基本的にはプチプラ商品と比べると値段は割高になるのは間違いありません。
それぞれが定期便で買えば割引されお得に購入ができますが縛りがあることだけは注意。

 

ナノクリアは4回の継続が約束されてるので最低限15,920円は必要になります。
コンシダーマルは3回の継続が約束されてるので10,432円が最低でも必要になってくる金額です。

 

支払う金額を見てもコンシダーマルのほうが安くてすみますし、定期便の2回目以降の購入代金も900円ほど安いのでコンシダーマルのほうがコスパはいいと言えますね。

 

■関連記事
ナノクリアとアイムパンチの違いを比較

このページの先頭へ